お知らせ / トピックス

2016
09
05

事務処理ミスによる年金未払額が過去最多 2015年度

日本年金機構は、2015年度中における事務処理ミスが計3,297

に上り、そのうち「未払い」が計1,625件あり、過去最多の未払い

額(311,800万円)となったことを明らかにした。保険料の徴収

漏れや過徴収なども含めた影響額は計367,400円でこちらも

過去最多となった。ミスのうち54.9%は旧社会保険庁時代に発生

したもので、原因は「確認不足」が2,753件で最多だった。