お知らせ / トピックス

2016
05
25

労災による死亡者が初めて1,000人下回る

厚生労働省が「平成27年の労働災害発生状況」を発表し、同年の

労働災害による死者数が972人(前年比8%減)となり、1948年の

統計開始以来、初めて1,000人を下回ったことがわかった。休業

4日以上の死傷災害は製造業・建設業で前年を下回ったが、社会

福祉法人や飲食店では増加した。

〔関連リンク〕

平成27年の労働災害発生状況を公表(厚生労働省)

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000124353.html