お知らせ / トピックス

2016
10
28

貸し切りバスの事業許可に「5年更新制」を導入へ

政府は、貸し切りバスの事業許可を5年の更新制とすることなどを盛り込んだ道路交通法改正案を閣議決定した。収益の見通しや安全対策への投資計画がチェックされる更新制のほか、安全対策が十分でない事業者に関する罰金を1億円以下(現在は100万円以下)として経営者に対する懲役刑も導入する。法案成立後、一部を除き年内にも施行される予定。